rose of Sharon.

  1. (Source: perfume-pta, via dvdanchi)

  2. [x]

    (Source: dailyanimals)

  3. (Source: coincidigital)

  4. 俺のねーちゃん関西で国語の教師やってんだけど、先月新しい担任受け持ったんだ。4年生。
    で、そこで「虎王人」って名前の男の子がいたんだと。仮に苗字は田中としとく。
    流石に読めなくて、本人に聞いたんだ。

    姉:ごめんなさい、田中君。下の名前を教えてくれる?
    田中:…
    姉:…?
    田中:……れおと
    姉:れおと君、ね。教えてくれてありがとう。

    微妙な沈黙の後、聞き取るのがやっとな大きさでぼそっと教えてくれたって。

    で、後日その母親が
    「ウチの子供の名前が読めないのか!」「本人にわざわざ嫌みったらしく確認したのか!?」って。
    子供に謝れってれおと君同席で校長室に乗りこんできた。
    そりゃ読めないだろ…。校長も「いやまあ、大変個性的なお名前ですし…」
    と当たり障りなく濁してたが姉がメモに「開闢」って書いて

    姉:この言葉の読みと意味を御存じですか?
    田中母:なんなのよ関係ないでしょ知らないわよそんなの!
    姉:「かいびゃく」と読みます。物事の始まりを表します。ではこれは?
    田中母:さっきから何なの!?
    姉:「きょうじ」と読みます。プライドの事です。

    423 おさかなくわえた名無しさん [sage] 2012/05/09(水) 18:42:05.54 ID:U2acs93m Be:
    姉:これら辞書に載ってる様な言葉でも、難読なものは沢山あります。
       しかし載ってるから意味も読みも調べられます。
      ですが人それぞれである名前において、一般的ではない仮名をふって、
    読める読めないがありますか。
      今はまだ良いですが、これから先、レオト君にとってこのやり取りは
    恐らくずっと続く事になります。
      お母様がどれだけ立派な意味を名前に託されたとしても、それが人に伝わらなければ
    独り善がりに過ぎません。
      私たち他人相手に限った話ではありませんよ、れおと君に対してもですよ。
      こういった不便な思いをするのは彼本人です。
    本当に彼の事を考えて名前を決められたのですか?

    大まかにこんな感じの事を言ったんだ。母親が怒り狂って「あんたねええ!!」と
    姉に組み付こうとした時、それまで俯いて黙ってたれおと君が、

    「いい加減にしてよ!俺が昨日言ったのはこういう事させる為じゃねえんだよ!
     先生だよ!?学校の、国語の先生でも俺の名前読めないんだよ!?
     そんな名前で、俺が今までどんな思いしてきたか、お母さん今まで一度でも
    聞いてくれた事あったかよ!?」

    要は、姉が名前を尋ねた日の夜に、れおと君は母親にぽそっと「先生にも名前読まれなかった」
    とこぼしたらしい。
    本人は母親への皮肉と言うか反抗と言うか、名前に対する不満を表す意味で告げたらしいんだけど
    当の母親は「息子が名前を読んで貰えず落ち込んでいる!許せん!」となったらしい。
    で、正しい意図も伝えられず勢いに押し切られたらしい。
    今までも相当押さえつけられてたんだろうなあ。

    母親はそれ以上は流石に何も言えなかったらしい。

    何で突っかかるような真似したの?と姉に聞いたら、
    名前を尋ねた時の反応で何となく、コンプレックスの様なものを感じたらしい。
    で、それまでの担任や関わった教師にそれとなく聞いてみたら、
    本人は名前に苦痛を感じてるらしいと。
    まだ10かそこらの子供にこんな辛い思いさせやがって!と親に対して憤懣やる方なかったんだと。

    救われねえなあと思ったよ。


    下の名前を教えてくれる? 続・妄想的日常 (via nkml244)

    (via hyourinzen)

  5. かっこいい

  6. ある大学でこんな授業があったという。
    「クイズの時間だ」教授はそう言って、大きな壺を取り出し教壇に置いた。
    その壺に、彼は一つ一つ岩を詰めた。
    壺がいっぱいになるまで岩を詰めて、彼は学生に聞いた。
    「この壺は満杯か?」教室中の学生が「はい」と答えた。
    「本当に?」
    そう言いながら教授は、教壇の下からバケツいっぱいの砂利をとり出した。
    そしてじゃりを壺の中に流し込み、壺を振りながら、岩と岩の間を砂利で埋めていく。
    そしてもう一度聞いた。
    「この壺は満杯か?」学生は答えられない。
    一人の生徒が「多分違うだろう」と答えた。
    教授は「そうだ」と笑い、今度は教壇の陰から砂の入ったバケツを取り出した。
    それを岩と砂利の隙間に流し込んだ後、三度目の質問を投げかけた。
    「この壺はこれでいっぱいになったか?」
    学生は声を揃えて、「いや」と答えた。
    教授は水差しを取り出し、壺の縁までなみなみと注いだ。彼は学生に最後の質問を投げかける。
    「僕が何を言いたいのかわかるだろうか」
    一人の学生が手を挙げた。
    「どんなにスケジュールが厳しい時でも、最大限の努力をすれば、 いつでも予定を詰め込む事は可能だということです」
    「それは違う」と教授は言った。
    「重要なポイントはそこにはないんだよ。この例が私達に示してくれる真実は、
    大きな岩を先に入れないかぎり、それが入る余地は、その後二度とないという事なんだ」
    君たちの人生にとって”大きな岩”とは何だろう、と教授は話し始める。
    それは、仕事であったり、志であったり、愛する人であったり、家庭であったり・自分の夢であったり…。
    ここで言う”大きな岩”とは、君たちにとって一番大事なものだ。
    それを最初に壺の中に入れなさい。さもないと、君達はそれを永遠に失う事になる。
    もし君達が小さな砂利や砂や、つまり自分にとって重要性の低いものから自分の壺を満たしていけば、
    君達の人生は重要でない「何か」に満たされたものになるだろう。
    そして大きな岩、つまり自分にとって一番大事なものに割く時間を失い、その結果それ自体失うだろう

    わさびんびん~わさらーのtubuyaki~ (via wasara)

    (via hmnohwmi)

  7. 蔡依林 美人計- 華納official HQ官方版MV (by warnertaiwan)

  8. Taken with instagram

    Taken with instagram

  9. Taken with instagram

    Taken with instagram

  10. おすまし。 (Taken with instagram)

    おすまし。 (Taken with instagram)


This Layout Was Created By xxVintageSoulxx.
Get Tumblr Layouts


Get Tumblr Layouts